DELHI

Company会社案内

カレーひとすじ半世紀 渾身の一皿をみなさまへ

デリー創業者の田中敏夫は、カレーが嫌いだったといいます。
そんな男が、インドで出会った本場のカレーに衝撃を受けました。
日本の粉っぽいカレーとは異なる、スパイスの効いた風味豊かな味わい。
「このカレーを日本に紹介しよう!」昭和31年、現在の上野店にデリーが産声を上げました。
彼のこだわりには、なみなみならぬものがあったといいます。
とくに心血を注いだのが“毎日食べても飽きないカレー”の実現です。
日本人がこよなく愛する「白米」に合うカレーをとことん研究し、スパイスの香りと野菜や果物の甘み・旨みを絶妙にブレンド。
インドカレーをベースに生粋のオリジナルカレーをつくりあげたのです。
「本当においしいカレーを、毎日でも食べていただきたい」創業以来、連綿と受け継がれたカレーへの深い愛情とこだわり。
今日も、そして明日も、みなさまへ渾身の一皿をおもてなしいたします。

会社概要

会社名
株式会社デリー
事務所所在地
東京都文京区湯島4-11-16
TEL
(03)3813-0038
FAX
(03)3816-0538
設立年月日
昭和31年2月28日
創業
創始者田中敏夫は、長年のインドでの研鑚を終え、昭和31年2月28日現上野店所在地において個人営業を開始。当時カレーハウス・デリーと称しカレー粉をまったく使用しないインド現地の民族食、カレー料理を提供する唯一の店として発足する。
昭和40年、カレーのみならず、各種のインド料理を提供するレストランを六本木にて開店。その後、軽井沢・新宿・銀座・船橋とレストランを展開。
昭和44年2月、営業規模の拡大に伴い、法人経営に移す。
昭和55年、埼玉県児玉郡にカレーを中心とした工場を設立。製造卸売業拡大により、レストランを銀座・上野の2店舗に集約。
平成19年3月 東京ミッドタウン店オープン。

デリーの歩みを見る
事業内容
  • インド・パキスタン料理レストランの経営
  • サブチェーンシステム事業の経営
  • 各種カレーソースの製造と販売
  • インド・パキスタン食料品の製造と販売(香辛料・ピクルス・チャツネ・ドレッシング・アタ等)
  • インド・パキスタン産の食品の輸入と販売
資本金
2500万円
代表者
代表取締役 田中 源吾