DELHI

DELHI社長ブログBoss's Blog

ほぼ毎日更新!デリー社長のカレー談義

社長雑談
2018.07.27

カレー屋めぐり 66の2 中華カレー


 街の中華屋カレー、再訪のこと。

 数日前伺った、中国人だけ運営している(7,8人はいるか)中華屋さんに、またカレーを食べに行きました。

 「カレーライス」と注文すると、「カレーどんぶり? カレーチャーハン?」と聞かれる。
 どうも、ここではカレーライスではなく、カレーどんぶりが正しいよう。

 さて出てきたカレーは、画像上。
 あれ、前の印象とちょっと違うかな、と思いつつ食べると、具の違いはあれ、味はほぼ同じ。
 これはこれで”あり”です。

 ちなみに前回のがこちら。
 

 今回は豚肉が鶏になり、ジャガイモが減り、茄子が増えました。
 調理人が違うようにも見えました。

 カレーは一般に、大量に仕込み、温めるのに対し、注文後調理は、味などで調理人によるブレが生じやすいですが、どこの店でも、その基準が定められています。
 日本では、こういったことは起きないよう気を付けていると思います。。
 アメリカ型チェーンレストランのセントラルキッチン方式では、どこでいつ食べても、ほぼ変わらない。
 これが安心感につながるか、面白くないと感じるかは、お客様次第です。

 しかし、私はこれも楽しみかなあ。
 もう一回食べてみたくなります。